MY POEM
休息
 
おもたいリュックを背中からはずして
少しのあいだ 
芝生の上でやすませてね
 
 
自分が取り残されてく
 
 
お花の香りとすれちがったとき、
 
窓の外が白いとき
 
このままそっと
丘の上のシロツメ草になって
しめった風に揺さぶられてたい
 
2011/06/03

PAST INDEX FUTURE

戻る


Last updated: 2011/7/20

artforyouandme@yahoo.co.jpお手紙の宛て先はこちらです