MY POEM
紅葉
 
 
秋深けて
北風にさらされた裸の心が
孤独に震えるとき、
山は真っ赤に燃え立ち
私をあたためる
 
厳しい冬を前に
希望を失い
固く閉ざした心を
木々は絢爛の舞で悦ばせ、
私は夢とロマンに浸る
 
 
そしてさよならを気付かせずに
去ってゆく
 
あぁ 
何と深遠なその情け
 
 
お前達は死に
私は生きて行くというのに
2006/10/26

PAST INDEX FUTURE

戻る


Last updated: 2011/7/20

artforyouandme@yahoo.co.jpお手紙の宛て先はこちらです