MY POEM
愛し方

 
黄色い花のとなりに桃色の花
風が吹くとかすかに触れ合う葉に
照れて甘い香りを放つ2つの花
 
うす紫の花をたずねる白い蝶々
優しいくちづけに 楽しげな風の歌
 
そして
美しいあなたに出会って
目が離せなくなった私は
うれしかったのに
・・・・・・苦しんだ末に 心が砕けてしまった
 
 
黄色の花と桃色の花が
1本の木になることがないように
 
白い蝶々が
うす紫の花の中に棲むことができないように
 
命あるものを所有することは
絶対に不可能で、
その愚かな欲心は
多くの幸せを奪っていくのだ
 
人は
愛し方さえも
自然には及ばない
 
 
 
 
 
 
 
 
2007/02/12

PAST INDEX FUTURE

戻る


Last updated: 2011/7/20

artforyouandme@yahoo.co.jpお手紙の宛て先はこちらです