MY POEM
限界
 
川のほとりまで来ていた
 
炎の花は咲いていた
 
 
 
触れるには 私の手は繊細すぎて
 
人知れず盗むには 私の心は真面目すぎた
 
 
 
深い深い森の中に 静かに横たわる
 
あぁ あのころ聞いた子守唄は どんな歌だったかな
 
   
2007/02/04

PAST INDEX FUTURE

戻る


Last updated: 2011/7/20

artforyouandme@yahoo.co.jpお手紙の宛て先はこちらです